延長する方法

鼻中隔に軟骨を移植する整形手術です

また、つぶれたような形になり、鼻の穴がブタのように目立つこともあります。こういった状態を改善するためにおこなわれているのが、鼻中隔延長術という整形手術です。 鼻中隔延長術は、体の他の部位から軟骨を採取し、それを鼻中隔に移植するという方法でおこなわれています。具体的には、耳の後ろやバストの下の部分など、目立たないところから軟骨が採取されます。そしてそれを移植することで、鼻中隔が盛り上がり、スッと伸びた鼻筋になります。つぶれたような形ではなくなるので、鼻の穴も目立たなくなります。

鼻中隔延長術の手術方法とそれによるメリット

鼻中隔延長術は、小さいな軟骨を鼻の先端に移植するという方法でもおこなわれていますが、昨今では鼻中隔にはめ込むような形で移植されるようにもなっています。移植した軟骨が左右の鼻の穴に挟まれるので、ずれてしまうことがなく、美しい形が半永久的に持続します。 また、団子のように丸い鼻をしている人の場合、鼻中隔延長術の際に鼻の脂肪を除去してもらえます。脂肪を除去した上で軟骨を移植することで、よりすっきりとした鼻になるのです。 また鼻中隔延長術は、鼻の穴の下からも、鼻の穴の中からも、おこなうことができます。鼻の穴の下からおこなう場合には、より的確に軟骨を移植することができます。鼻の穴の中からおこなう場合には、手術後の傷跡が目立ちにくくなります。どちらの方法にも、それぞれメリットがあるのです。